募集中のプロジェクト
募集中のプロジェクト

募集中のプロジェクト

活動事例
活動事例

活動事例

注目事例

伊豆発!移住者が仕掛ける関係人口への挑戦

伊豆発!移住者が仕掛ける関係人口への挑戦

関係人口とは、移住者でも観光客でもなく、様々な形で継続的に地域と関わりながら地域の活性化に取り組む人たちのことを指します。
静岡県東部の伊豆地域では、首都圏からのアクセスの良さを生かして、テレワークやワーケーションを通した新たな関係人口の創出が試みられています。
その代表的な事例が東伊豆町に移住し「NPO法人ローカルデザインネットワーク」を立ち上げた荒武優希さんの挑戦している取り組みです。

NPO法人ローカルデザインネットワーク
まちづくり
伊豆
個と個の出会いが生み出す「関係人口」。<br>これからの人と地域のつながり方

個と個の出会いが生み出す「関係人口」。
これからの人と地域のつながり方

――コロナ禍は、私たちの働き方・暮らし方を見直すきっかけをくれました。地方回帰の流れや人々の意識の変化をどう感じていますか。
僕自身も、週6日地方を巡っていた生活から一変。地域への移動がぱたっとなくなった期間を経験しました。代わりに急浮上したのが、オンライン上でのワークショップやトークセッションです。そのような、地域の未来について意見を交わす場が増えたことで、地元を面白くしたい、自分に合った地域と出会いたい。という思いが高まっています。また、距離の制約が減った分、「関係人口」の門戸が広がったと感じています。
――そもそも「関係人口」とはどういう存在なのでしょう。
「観光以上、移住未満」「交流人口でも定住人口でもない第三の人口」として、2012年ごろから現れはじめた概念です。地域の人々と出会い、関わりを持つことに価値を感じながらも移住までは考えていない。観光客と移住定住者の間にいるすべての人を指します。
地域のコミュニティに属していなくても、すでに誰もが、関係人口的な動きをしています。例えば、静岡県のお茶に魅せられ地域を訪れるとしましょう。SNSで「静岡県**産のお茶を飲みに来ました!」と投稿すれば、それが地域の魅力発信になります。一部の友人が「私もお茶を買ってみよう」「訪れてみよう」と反応したのなら、その人はすでに静岡の関係人口になっていると思うんです。

募集終了したプロジェクト