活動事例
活動事例

活動事例

ふじパス+会員登録はこちら
一覧に戻る

注目事例

かけ声は「オール菊川!!」出会いとつながりをデザインするアートコラールきくがわ

まちづくり
かけ声は「オール菊川!!」出会いとつながりをデザインするアートコラールきくがわ
活動団体 特定非営利活動法人アートコラールきくがわ
活動場所 菊川市

2020年3月、菊川のまちに新たな賑わいスポットが誕生しました。
JR菊川駅から歩くこと400メートル。菊川市役所の東館として誕生した「プラザきくる」が、市民の活動拠点として注目を集めています。

コロナ禍でのオープンにも関わらず、想定していた来場予想を大幅に上回るスタートで、月間3,000人以上の方が施設を活用しに訪れました。

「やってみたい」を「やってみよう」へ!まちのみんなで育てる賑わいづくり

同施設の2階協働フロアで活動する、『アートコラールきくがわ』理事長で、菊川市市民協働センター長を務める笠原活世さんに、地域コミュニティを核にしたまちの賑わいづくりについて、お話を伺いました。

「プラザきくる」には、市民活動団体、企業や行政など、まちに関わる多くのプレーヤーが集まります。

そのパイプ役になり、様々な活動を支援するのが『アートコラールきくがわ』です。
中間支援と呼ばれる活動は多岐にわたり、地域活動の運営に関する相談業務や、マッチング支援、イベント開催、広報活動など、まちのコーディネーターとして奔走しています。

アクセスが良く、明るく開放的な室内。スタッフの皆さんがフレンドリーな雰囲気で案内してくれるので、「菊川のまちでやってみたいことがある」「地域に関わってみたい」と思った時に、気軽に立ち寄れる場所となっています。

「やってみたい」を「やってみよう」へ!まちのみんなで育てる賑わいづくり

地元が好き?地域活動に興味をもちはじめる中高生

「プラザきくる」に訪れるのは、大人ばかりではありません。多目的スペースには、放課後になると多くの学生がやってきます。

そんな学生たちが今、地域活動の担い手として精力的に活動を行っています。

地元が好き?地域活動に興味をもちはじめる中高生
写真提供:アートコラールきくがわ

中高生が地元コミュニティに積極的に関わったり、地域貢献を率先して行ったりする姿が、自分の想像する学生のイメージと少し異なっていた為、詳しく聞いてみると、

「地元は好きですか?」と、多目的スペースを利用する学生50人に質問したところ、47名が「好き」だとアンケートに回答したそうです。

また、アートコラールきくがわが、地域のNPO団体と学生たちの橋渡しを行った、夏休みの『中高生NPO体験』には、事前セミナーに86人の申し込みがありました。環境・福祉・まちづくり・スポーツなど、実際のNPO体験には約150人の学生が申込をする盛況ぶりだったそうです。

参加した学生のアンケートには、「将来人の役に立ちたいと思っているので、今後に生かせると思い参加した」「人との関わりを持つボランティアに興味があった」と、地域やNPO活動に興味をもつ学生の実態が、確かに反映されています。

まちづくりの触媒。多彩なマッチングで新たなシナジーを創出

まちづくりの触媒。多彩なマッチングで新たなシナジーを創出
写真提供:アートコラールきくがわ

他にも、地元農家さんが育てた農作物を、小笠高校の生徒たちが仕入れて販売する「小さな収穫祭」や、常葉大菊川高校美術・デザイン科の生徒が中心となり、プラザきくるの隣にある広場で、アートの力で世代を超えた交流を行う「みんなのアソビバ」など、まちの様々な企画やコラボレーションのかげに、アートコラールきくがわの存在がありました。
学校の先生も、高校生が社会とつながる場として活動をバックアップ。

活動での出会いを通じて将来の進路を決めた生徒もいるそうです。地域貢献として始まった取り組みの中で、生徒が自ら課題を見出し、考え、成長する姿に、地域と共に若者が育つ好循環が生まれています。

みなで盛り上げ、応援し合う。まちと市民のひらかれた風土

みなで盛り上げ、応援し合う。まちと市民のひらかれた風土
写真提供:アートコラールきくがわ

プラザきくるを発信地にして『出会いとつながり』をデザインするアートコラールきくがわ。
その活動は、まちと学生、地方と都市、企業と学校、多くの関係を紡ぎ結んでいます。

その地域性を活かした取組みに、首都圏のNPO団体も熱い視線を送っており、視察や首都圏の大学生と地元高校生のコラボ事業も積極的に行われていました。

最後に、理事長の笠原さんに今後の展望を伺うと、「若い世代への期待がとても大きい。地域とつながる一歩が踏み出しやすい菊川でありたい。」
まちのつなぎ役として、市民の活動と並走を続けるアートコラールきくがわの姿に、まちを舞台にこれから生み出されるストーリーが楽しみになりました。

 

 

(文・写真)静岡県関係人口ライター